ホーム > パオパオ特派員情報 > 「ともかず」さんのホノルル動物園情報
「ともかず」さんのホノルル動物園情報
動物園の飼育員になるのが夢の「ともかず」さんから送っていただいたホノルル動物園の情報を掲載します。
以下の
青文字部分は「ともかず」さんからのコメントです。
今回は2002年に家族でハワイに旅行しながら、私一人だけで訪問した時のホノルル動物園の情報を紹介致します。
2002年12月

両親にレンタカーで送ってもらって、私一人でホノルル動物園を訪問しました。

これはメスのVaigaiです。
1985年にインドで生まれた個体です。

Vaigaiと同じメスのMariです。

Mariは1975年にインドで生まれた個体です。
このゾウは故:インディラ ガンジー首相からハワイの子供達に送られて来た個体だそうです。

お昼になると飼育係の人がゾウの前で立って、お客さんに説明をするコーナーがありました。

昔は二頭に直接触れ合うイベントが開かれたことがあったのですが、それがだんだん危険になって来たため、触れ合いを中止にしてしまったんだそうです。

説明が始まる前に飼育係の人からタケノコをもらったMariです。

このゾウはちょっと太り気味のため、昼はタケノコ一個で我慢してダイエットをしているんだそうです!

次は砂浴びを始めました。

Mariは凄い勢いで砂浴びをしたので、凄い砂ぼこりが飛んできました。

普通アメリカ合衆国は年中暑くなったり、寒くなったりしますが、ハワイは年中ずっと暖かいので、二頭はなんだかハワイなどの暖かい国にいられて、とても幸せな感じがしてきます!

でも、二頭はまだ若いので、新たなお婿さんを迎えた方がいいと思いますが...

次の日にもホノルル動物園を訪れました。

これは、2002年12月22日に行って来たときの写真で、この時両親がワイキキビーチでゆっくりして行くため、私はその時暇でいくらのんびりしていてもつまらなく、とても退屈だったため、また一人で行きました。

当時ホノルル動物園では、動物達にクリスマスプレゼントをあげるイベントがあり、それに参加して来たことがありました。

まずは、Vaigaiです。
Vaigaiは、飼育係の人が運動場を相似していたところずっと待っていたため、すこし我慢ができ
なかったのか、ドアの柵に前足を乗せながら後足で立っていました。

早速運動場に出てきました。

まずMariはゆっくりと朝ご飯を食べはじめました。

この日はゾウやチンパンジー、スマトラトラ、そしてサル島展示場のサル達にクリスマスプレゼントをするイベントが開かれました。

私はゾウ達に果物付きのクリスマスツリーをプレゼントしたところを見ました。

クリスマスツリーの果物を食べたあと、MariがVaigaiに鼻を向けました。

次の瞬間Mariは、上野のアーシャーやダヤー、アティ、金沢のボンとヨーコがやる鼻を地面に"パンパン"とぶつけながら鳴らしました。

日本以外、海外でゾウが鼻を地面に叩き付けながら、鳴らすところを見たのは、私にとって本当に初めてでした。

最後はVaigaiは果物の食べ終わったクリスマスツリーを持ちながら、そのまま口に運んで一気に食べようとしていました。
当に凄いですね!?そのまま食べようとして大丈夫なのでしょうか?

まあ、もしまた機会があればハワイに行き、またホノルル動物園を訪れ二頭と再会したいと思います!

は、MariとVaigaiまた会いましょう!

ともかずさん、ホノルル動物園のゾウさん情報ありがとうございます。
さすがにクリスマスツリーをそのまま食べることは出来ないでしょうね(笑)

<2008
年6月号掲載>

ホーム > パオパオ特派員情報 > 「ともかず」さんのホノルル動物園情報